不動産業者に家賃交渉を行う方法

不動産業者や大家さんに対して、家賃交渉を行うことによって、家賃を下げることができるケースがあります。
これは、入居前と入居後の両方ともできます。
入居前の家賃交渉については、現在出されている条件から悪い点を探します。
例を挙げますと、公共交通機関が周辺にないことや築年数が7年以上などがあります。
このように、日常生活に不便な点や人気があまりないような物件は家賃を下げることができる場合があります。
次に、入居中の交渉についても同様に、悪い点を探す方法で行います。
例えば、入居後に空室が目立っていることや家賃がサイトで掲載されている隣の部屋よりも高いなどといった点がありますと、交渉すれば成功する可能性が高いです。
そして、家賃交渉の時期についてですが、4月以降が最適となります。
4月以降は、新入生や新入社員が部屋探しを終えた頃で落ち着く時期でもあり、新たな入居者を探しにくくなります。
そのため、空室は避けたい傾向にあり、交渉も成功しやすいです。
加えて、入居中の方は更新月についても、交渉がしやすいとされています。

Copyright© 不動産 家賃交渉 All Rights Reserved.

不動産業者に家賃交渉を行う方法